ガジェろぐ

Just another WordPress site

ipadを縦置きできて、保護ケースにもなる PITAKA MagEZ Folio 2 for ipad pro 11

-iPadを縦置きできる保護ケース-

iPadを新調したことで、ケースも必要になりました。

11インチは参考資料の閲覧に最適なサイズ感。

ですがそれは縦置きできたら、の話

大半のケースは風呂蓋のような折り目をつけて、横置きのみの対応が殆どです。

今回は縦置きに対応し保護ケースにもなるMagEZ Folio 2をご紹介。

※本記事はipad pro 11 2thを使用しています。

pitaka保護ケースの利点

  • 磁石で着脱
  • 縦置き、横置き対応
  • 合皮で高級感がある
  • pencilの固定ができる
  • 型落ちから最新のipadにも対応

デメリット

  • 磁石内蔵のため重い(240g)片手持ちキツイ…..
  • 汚れが目立つ(ブルーモデル)
  • 端の処理が荒いため手に刺さる
  • マグネット式ストラップが外しにくい
  • 高額(8000円代)
  • 加水分解が心配

外観

MagEZ Folio 2

MagEZ Folio 2

ipad本体と似た包装紙でくるまれていました。おしゃれ

MagEZ Folio 2

包装紙には折り畳み方が紹介されています。

ケース単体だとそこまで重量は気になりませんが、本体に装着するとズッシリきます…

合体させると600g越えとペットボトル一本分の重量になります。

長時間の片手持ちはつらいです。手にもって使う方は別のケースがオススメです。

MagEZ Folio 2

表面は合皮ということでサラサラした生地で感触は良いです。

ディスプレイ面はマイクロファイバーとなっており、優しく本体を保護する仕様。

ひっくり返しても背面にくっつくので、邪魔にならない。よく考えられて設計されていると分かります。

ただし汚れが目立つという弱点も。まぁ気になるのは最初だけでしょう。汚れてしまえば、どうにでもよくなります。

MagEZ Folio 2

マグネット式ストラップにより、pencilの落下を防ぐことができます。

ただし取っ手がなく磁石でピッタリくっつくので、外しにくい….爪を立てながら開くので傷が心配になります。

MagEZ Folio 2

装着するとピッタリサイズ。さすが8000円。タワミや浮きもなくすっきり。カメラの出っ張りもカバーするので、机に直置きできます。

MagEZ Folio 2

pcとセットにして使えば、参考資料を見ながら資料作成という使い方が実現します。スクロール回数が減るので快適。

MagEZ Folio 2

縦置き

平らな面だと安定感は十分です。画面に触れる程度であれば倒れる心配はないでしょう。

MagEZ Folio 2

横置き

ただし面で支えているわけではないので。膝の上など平面が少ないとグラグラします。

安定性を重視する場合は外付けスタンドをおすすめします。

MagEZ Folio 2

角が細くなっているため、手で持つと気になります。

まとめ

外出先で縦置きスタンドと保護ケースを一度に持ち運びたいという目的であれば最適な製品だと思いました。

ただし手にもって使う方や、縦置きが不要という方であれば他の軽いケースをお勧めします。

改善点としてはやはり重量。

磁石の配置を工夫して更なる軽量化ができれば、完璧だと思います。

次へ 投稿

返信する

© 2024 ガジェろぐ

テーマの著者 Anders Norén