ガジェろぐ

Just another WordPress site

トングル型dacの取り回し向上、スマホを高音質dapに DAC POCKETレビュー

スマホを高音質化する手段としてトングル型dacを接続して使う方法があります。

10万円クラスのDAPレベルに音質を向上させ、スマホならではの高性能なCPUと大容量バッテリーによって、ストーミングサービスもサクサク操作で楽しむことができます。

一見完璧なこの組み合わせですが、唯一の難点が取り回しの悪さです。type-cケーブルで接続するため、dacがぶらぶらしてリスニングどころではないのです。

この課題を解決してくれる商品が今回紹介するDAC POCKETになります。

DAC POCKETの利点

  • Mag safe対応でスマホに磁石で取り付け、取り外しできる
  • 伸縮性のあるゴム素材でdac本体を保護できる
  • 約3000円とお手頃価格
  • スマホに取り付けるとカメラグリップとしても使える

デメリット

  • dacの大部分をゴムが覆うため、側面ボタンの操作が難しくなる
  • dacのディスプレイが見えなくなる
  • android端末をMag safe化をする必要がある
  • ゴムがきつい
  • 大きいdacは入らない
  • 横幅があるので、コンパクトスマートフォンだとはみ出す可能性あり。
  • 変換アダプタなどを使用するとケーブルを過度に曲げる必要がある

外観

DAC POCKET

前面の大部分を占めるのはゴムバンド。

これでがっちりトングルdacを固定します。

伸縮性はありますが、かなり固めで、サイズが大きいdacだと入らない可能性があります。

有機ELディスプレイを備え、大きい部類に入るRU7でちょうどよいか、ギリギリといった印象。

ハイエンドモデルやバッテリーを内蔵するbluthooth機能が付いたdacだと厳しいかもしれません。

左ポケットにはケーブルを差し込むことができます。

取り付けてみてわかりましたが、スマホに取り付けるとカメラのグリップにも使えます。握り心地がちょうどいい…

DAC POCKET

dac全面を覆うサイズのゴムバンドなので、保護ケースの機能も期待できます。

反面摩擦が大きくなるので、dacの取り外しには苦労します。ゴムバンドを緩めながら、少しづつずらして取り出すなどの工夫が必要。

またボリューム調整が難しくなり、dacの画面操作も困難になります。ボリュームについてはバンドの上から押し込めば、操作はできます。

画面操作についてはディスプレイが見えないので、バンドをずらさないといけません。

個人的にはゴムバンドを2本か3本くらいにして、隙間が欲しいと思いました。

そうすれば取り出しやすさも格段に向上すると思います。

台座にはゴムのような、滑らかで滑り止め効果がある材質が使用されています。

dacを強力に固定しようという強い意志を感じますね。

DAC POCKET

mag safe対応商品なので、金属に強力に引っ付きます。金属フレームのPCケースにも固定できます。

Androidスマートフォンは未対応ですが、amazonで入手可能なアクセサリーを利用することで問題なく使用可能。

むしろdacサイズに合わせて、magsafeの位置を調節できるので便利です。

位置決めはケーブルの長さに留意しながら調節するのがポイントです。

幅を取るのでコンパクトなスマートフォンには注意が必要で、最悪はみ出します。

xperiaは要注意ですが、galaxy s22はカメラに干渉することなくぴったり納まります。

DAC POCKET

根元には若干の段差があり、dacがずれ落ちないような設計にもなっています。

まとめ

ありそうでなかったトングルdacをスマートフォンに合体させるアクセサリー。

DAC POCKETを利用すればわずか3000円でdacの取り回しの悪さを改善できます。

今後はサイズの大きい製品にも対応できるようなバージョンが出たらいいなと感じました。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2024 ガジェろぐ

テーマの著者 Anders Norén